キャバ嬢のブログ

 カワイイ♪ ドレス・サンダル・名刺

キャバクラ考察日記5


今回は『スカウト』についてお話したいと思います。

まず、『スカウト』ってなあに?という方に説明をしておきます。

スカウトとは、水商売全般や風俗業界でも使われる事ですが

ざっくり言うと、スカウトマンと呼ばれる人が

キャバクラ等の店舗に女の子を紹介してあげるシステムです。

スカウトマンは紹介した女の子がお店で採用されればお金をもらう事が出来ます。

これには業種や各お店によって、又はスカウトマンサイドで条件が色々あります。

例えば、お店側の条件としては採用した女の子の2週間ないし1ヵ月の勤怠を見て

(遅刻や欠勤等の)問題がなければスカウトマンにお金を支払います。

スカウトマン側の条件としては、A子さんは経験者なので10万円。B子さんは未経験なので5万円。と

経験の有無等によって報酬が変わります。 ※必ずしもこういった条件とは限りませんが。

そういった訳で、お店側とスカウトマン。紹介する側とされる側で利害が一致して成立するシステムです。

では、スカウトマンがどうやって紹介する為の女性を集めているか。

少し前まで主流だったのが、路上で声を掛けて女の子と仲良くなり、

お店を紹介するといった流れです。

ですが、平成16年12月に迷惑防止条例が施行され

路上での声掛けはつきまとい行為として禁止されてしまいました。

まぁ、バレないようにこっそりやっている人もいるみたいですが。

スカウトマンの利点としては、ほとんどの場合色んな業種のお店と契約しているので、

キャバクラだけでなくガールズバーや風俗系にも、女の子の要望に合わせてお店を紹介してもらえます。

女の子としては自分に合いそうなお店や業種をわざわざ調べたり、体験入店に行く手間も大分減ります。

お店側としてもスカウトマンが紹介してくれる女の子はほとんどの場合採用基準に達している事が多いので、

求人広告を出して面接に来た子達を振るいにかけずに済みます。

ただ、肝心の女の子からすれば急に知らない人に声を掛けられて

「キャバクラで働いてみませんか?」と言われても戸惑ってしまいますね。

とはいえ、繁華街などではこういったスカウトマンがいる確率が高いので

声を掛けられ慣れてる人も少なくないかもしれません。

ちゃんとしたスカウトマンは声を掛けた時に、大抵自ら名刺を渡してくれることが多いと思います。

もし、水商売をやってみたいけど躊躇している人がいればスカウトマンに話を聞いてもらったり

お店を紹介してもらうのも一つの選択肢かもしれません。

キャバクラ考察日記4


キャバクラ考察日記5

今日は、キャバクラの客引きについてお話します。

客引きとは、お店の従業員さんが店外に出てお客さんを捕まえてくることです。

俗にキャッチと呼ぶこともあります。

とは言ってもかなり前から客引き行為は禁止されているハズですが

現在でも客引きをするボーイさんの数は変わっている気配がありませんね。

むしろ、昨今ではこういったキャバクラ以外にもメイド喫茶やガールズバー

町によっては居酒屋さんの客引きの方が多い所もあります。

まぁ、不景気でどこも暇なのは分かりますが客引きがどんどん派手になって行ってる気がします。

キャバクラは毎年のように客引きが大勢逮捕になったりしていますが、

最近疑問に思ったことで、居酒屋さんが捕まったという話は聞い事がありません。

迷惑防止条例で確認したところ、居酒屋系に対しての措置がキャバクラに対しては甘い感じがしました。

というより、キャバクラは飲食と風営法も絡んでくるので厳しいのは当たり前ですが。

とは言ったものの、キャバクラであれ居酒屋であれ、何人もの客引きが進路上で話しかけてくるのは

一般人からしてみれば正に迷惑な訳で(笑)

逆に、客引きが好きなお客さんも中にはいます。

客引きに対してサービスや値下げの交渉をしたりする人も見かけますね。

これを俗にダンピングとか言ったりします。

内容としてはキャバクラなら

「セット料金を安くしろ」だの「ビールとおつまみをサービスしろ」だの

要は安く遊ばせろという事です。

お店側もお客さんが入らなければ収入は0ですし、

お客さんにテーブル着かない女の子が居ればそれだけ無駄な時給を払うことになってしまいます。

なので、ちょっと安くしてもお客さんを入れたいと思うお店が多くなってきました。

居酒屋でも似たり寄ったりでしょう。少しでも売上を出したいので

ビールをサービスしたりするお店も少なくありません。

もちろん、お店が混んで来れば必然的に客引きをする理由がなくなるので

町は平和になりますが(笑)

もしこれを見て、居酒屋さん等の客引きに声を掛けられた時は

試しに「ドリンク1杯サービスして」と言ってみても良いかもしれません。

飲み物の原価は比較的安い物が多いですし、手間もないので

案外簡単にOKしてくれるかもしれませんね。

ですが、過剰な要求や無理難題を押し付けるのは迷惑になるので辞めておきましょう。